SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おどる!たたく!きく! みんなであそぶ、アフリカの「音」

おひさしぶりです!!


11月8日(土)の11時~16時、万博公園内の芝生の広場で西アフリカの「音」と「踊り」をテーマにしたイベントがあります。

マリ共和国を代表するパーカッショニストであるダラマン・ジャバテ、すんごいダンサー加藤日光、FOLIKANタカオに、切り絵アーティストKaz等々、東京や福岡から豪華ゲスト陣がやって来ますが、パフォーマンスやワークショップ受講料はなんと無料!(公園入場料及びジェンベレンタル料をのぞく) 
会場では雑貨販売や楽器作り、ヘナを使ったボディアートも予定されています。
なお、イベント当日は、みんぱく内で特別展「イメージの力」などが行われています。展示会場は布や楽器など世界の文化に触れる事が出来るとってもワクワクする空間です。こちらも併せてご覧ください。

熱烈なファンはもちろん、アフリカ文化に初めて触れるような一般の方、おとなからこどもまで楽しめるイベントになるよう主催者さん達と一緒に企画を進めてきました。

アフリカ文化をいろんな人達に知ってもらえると嬉しいです。是非みなさんのお友達にも紹介してあげてください。
SNSへの転載・メール転送など、大歓迎です。


※一部出演者については翌日9日にも大阪でLIVEが予定されています。
↓↓インフォメーションはこちらから↓↓
http://dasami.blog112.fc2.com/blog-entry-266.html

---------- 転送メッセージ ----------

「音」が暮らしと共にある土地、西アフリカ。
人が集まるところでは、楽器の音が鳴り響き、踊りが始まります。

はじめてだって、大丈夫。こどももおとなも一緒になって
西アフリカの踊りと音楽をたのしみましょう!


-------------------------

おどる!たたく!きく! みんなであそぶ、アフリカの「音」

日時:11月8日(土) 11時~16時
会場:万博記念公園 下の広場(雨天:国立民族学博物館特別展示館地下休憩所)
    http://www.expo70.or.jp/sys/wp-content/uploads/guidemap.pdf
料金:受講料無料 (イベントは公園敷地内であります。入園料としておとな250円、小中学生70円が別途必要です。)

-------------------------

●ダンスワークショップ(初心者歓迎オープンクラス)
講師:加藤日光
・11時~13時
・14時~16時

●ドラムワークショップ(初心者歓迎オープンクラス)
講師:ダラマン・ジャバテとジャバテコレクション
・12時~12時半
・15時~15時半
※要事前申込 (ジェンベレンタルの場合は500円 台数に限りあり) 
 minpakutomo@senri-f.oe.jp/

●西アフリカ音楽と切り絵紙芝居
出演:マナフォラアフリカ
13時~13時半

●出店等
楽器づくり(おんらく市場)、ヘナタトゥ(Saraswati Planet ちえこ)、雑貨販売などなど。

※雨天時は国立民族学博物館特別展示館地下休憩所で開催されます。
 ダンスワークショップ・ジェンベワークショップ・紙芝居は予定通り行われますが、出店等は一部中止となることがあります。詳細についてはイベント前日の11月7日17時以降にFBページでご確認ください。 https://www.facebook.com/otk.africa


【プロフィール】
■加藤日光
 東京を代表するアフリカンダンサー。
東京、町屋にあるアフリカ屋の看板娘。衣装などのデザインも手がける。東京を中心に各地ダンススタジオ、フィットネスクラブなどでアフリカンダンス教室を絶賛開催中。

■ダマラン・ジャバテ
 西アフリカのマリ共和国・カイ地方に拠点を持つカソンケ民族のジェリ(グリオ)の家系に生まれる。
 1989年にマリ国立民族舞踊団に入団、カソンケドゥンドゥンのスペシャリストとして、マリのトップスター、アジャ スマノ(シンガー)のバンドメンバーとしても活躍。
2003年に同舞踊団の日本公演のために初来日。2005年には愛知万博に招聘、同年9月より日本に活動拠点を移す。豊富な演奏経験を積んでおり、フレキシブルに対応できるテクニックと感性を併せ持っている。

■ジャバテコレクション
 カソンケドゥンドゥン、バラフォン、ジェンベ、ンタマ、歌、ダンスで構成されるトラディショナルなパーカッショングループ。東京を中心にライブ活動を行っている。

■マナフォラアフリカ
 たかおっぱん(寺崎充央)とKAZ(大内一恵)による、アフリカの音楽と切り絵の紙しばいで表現するパフォーマンスグループ。
 「マナフォラ」とはマリ共和国のバンバラ族の言葉で、アフリカの巨樹バオバブの木の下に集い、子どもたちへ物語りを語るストーリーテラーのことを意味する。カフェやバーのみならず、学校や保育園など、教育現場でもライブ活動を展開中。


【お問合せ、お申込み】
千里文化財団「みんなであそぶ、アフリカの「音」」係
e-mail)minpakutomo@senri-f.oe.jp/
FB)https://www.facebook.com/otk.africa (随時更新中)
HP)http://www.senri-f.or.jp/

【主催】千里文化財団
【協力】国立民族学博物館


minpaku20141108omote.jpg

minpaku20141108ura.jpg
スポンサーサイト
TAG :
アフリカ
ジェンベ
日光
タムタム
楽団

★あふろび~と★ 11月9日(日) @フィドル倶楽部

★あふろび~と★
~日本東西のAFRICAN、今宵集結!!~
11月9日(日) @フィドル倶楽部
Open:16:30
Start:17:00
予約:\2.500-(1ドリンク別)
当日:\3.000-(1ドリンク別)
※中学生以下無料
住所 :大阪市西区南堀江 1-1-12 浅尾ビル 3F
アクセス:大阪市営地下鉄 四つ橋線 四ツ橋駅5番出口 南へ徒歩2分 一風堂の上

出演

» Continue Reading

TAG :
アフリカ
ジェンベ
日光
タムタム
tamtam

マナフォラ アフリカがやってくるよー!!

広島にアフリカの紙芝居がやってきます。


僕は特に何をするわけでもないんですが、とってもお勧めなのでみなさんにもお知らせを。


切絵作家で紙芝居の語り手のkazとはもう10年来の付き合い。
作品はもちろん、kaz自身から幸せオーラが大放出、そんな不思議な女の子です。

演奏を勤めるのはアフリカ音楽の世界ではお馴染みFolikanのTakao君。
各地で大好評の紙芝居は大人から子供まで楽しんでもらえると思います。

マナフォラA4_takazちらし


そして、広島から迎え撃つのは、西アフリカのバラフォンで弾き語るふじたよーこ
えせニック歌謡ベース弾き語りスト梶山シュウの個性派ユニットです。


とってもお勧め。人数限定なのでよーこちゃんまで早目に予約してね!




以下詳細!!!




アフリカ好きなニッポン人たちがお届けする、うたと音楽と紙芝居!

6月5日(火)
20:00 start
立町レガーロ
広島市中区立町6-5 ひめいしビル2F
(広島パルコ、立町郵便局の近く、アジアン雑貨ラコンの上)

charge 1500円
(小学生以下無料)
人数限定につき、ご予約をお願いします!

ご予約、お問い合わせ
ふじたよーこ
09039455445
koyoyo@yahoo.co.jp

出演
◎マナフォラ アフリカ(Takao、Kaz)
~アフリカ音楽と切り絵紙芝居で旅するアフリカ~
切り絵紙芝居物語『アフリカンダンスが大好きな女の子がアフリカを旅するお話』。それぞれ西アフリカを旅した時に感じたアフリカの大地を音楽と切り絵で表現する。まるで西アフリカを旅しているような。『アフリカの大地のエネルギー。マネする事なく、その土地その土地の暮らしがあること。」を西アフリカ音楽と切り絵紙芝居を通じて愛を届けながら、子供へ伝えたい。マナフォラ アフリカの名前の由来…アフリカの巨樹バオバブの木の下に集い、子供たちへ物語を語るマナフォラ(ストーリーテーラー)の意。

◎ゆるゆるアフリカノス(梶山シュウ、ふじたよーこ)
~バラフォン(西アフリカの木琴)とベースで唄うポップデュオ~
「バラフォニストは唄わない、なぜならバラフォンが唄うから」というギニア人師匠の教えは聞かなかったことにしたうえに、アフリカの言葉はさっぱりわからないと開き直り好き勝手に歌を作って唄う無謀なふじたよーこのスタイルを、えせニック歌謡ベース弾き語りスト梶山シュウが面白がったのかどうなのか。お互いなんとなくユルいタッグを組んでみたらバラフォンとベースの音が意外とハマったポップデュオ。日本発シルクロード経由、寄り道しつつも目指すはアフリカ大陸。さて聞こえてくる唄やいかに?!
TAG :
マナフォラ
アフリカ
Takao
Kaz
ゆるゆるアフリカノス
梶山シュウ
ふじたよーこ

アフリカ音楽イベント「sanke bere 2011」@広島 終了!!

9/21-22に開催したアフリカ音楽のイベントSANKE BERE ~ルーツを知る旅~ @広島が無事終了した。
今回もまた多くの方のご支援のおかげでなんとか形にすることができた。
お越しいただいた方々、サポートしていただいた方々に、感謝の気持ちでいっぱいだ。


母や、母の友人であるマダム達、職業訓練校に通っていた頃の友人であるお姉さま方、ラジオやフライヤーをきっかけに興味を持っていただいた方々など、今回の客層は幅広く、アフリカ音楽は初めてだという方が3割位いた。
歓楽街の雑居ビルの中に入っているライブハウスということもあり、会場がかもし出す不良な雰囲気や、タバコの煙に不快な想いをしていないかと少し心配だったが、皆さんからは一様に、「とても刺激的で行って良かった」「世界が広がった」というお言葉を頂くことができ、主催者の一人としてとても嬉しく思う。


今回は、新たな試みがいくつかあった。県内で行われていた音楽イベントとの提携ラジオへの出演、ストリート系ダンスカンパニーとの協力等だ。動員人数は目標には至らなかったが、LAOULAOUとカオリちゃんをしっかりみんなに紹介できた。いいところも反省すべき点も受け入れ、次に活かしていきたい。





アフリカと出会ってもうすぐ10年になる。
21歳のとき、初めてアフリカを訪れ強烈な衝撃を受けた。アフリカは甘ちゃんだった僕を厳しくやさしく諭してくれた。
今にして思えば、あの衝撃が今日までのすごし方を決めたのだ。



今回のサポートメンバーであるAFRICA WALI の面々との付き合いも長くなった。
容君は2004年のギニア修行の旅から一緒で、僕が初めて組んだアフリカンパーカッションユニット「SOTRAMA」の主要メンバーだった。ヒロキ・タカオコンビは相変わらずアホで偉大な大先輩だし、ひとつ下のジェネレーションだったおっくんも高い技術を培い続け、今や関西を代表するアフリカンパーカッショニストの一人だ。
かつて日本有数のアフリカンイベントであった「ジェンベ打サミット」。その運営で仲間達から強い反発を受け、くじけそうになった時も、僕はAFRICA WALIのメンバーに救われた。僕達はアフリカ音楽に心を奪われ、そこに膨大な時間を捧げて、濃密な時間を共有してきたのだ。

誰もが自分の限界を知り、夢と現実との狭間で、少しずつ何かをあきらめていく中、彼らは今なお情熱を燃やし、音楽の頂に少しでも近づこうと挑戦し続けている。それぞれに家族が増えた今もそれは変わらない。





日本中に散らばる多くのアフリカ音楽仲間と同じように、かつて僕もそこにいた。
そして、今僕は彼らと別の場所で別の目標に向かって歩んでいる。


この限りなく広がっている世界で、僕達がノックアウトされた「アフリカ」の魅力と可能性をみんなに伝え感動を共有したい。その為に僕にはどんなアプローチができるのか。答えを探す為、演奏をかさね、イベントを組み、カフェを経営し、雑貨の輸入卸の会社で働いた。そして、彼らが音楽を追求する為にミュージシャンという道を選んだように、僕はアフリカにより近づく為に、楽器を置いて会計の勉強を始めたのだ。


目指しているものはバラバラでも、スピリットは変わらない。
だから彼らの演奏は僕の意識をそこに立ち戻らせ、真摯な気持ちにさせてくれる。
今回も、彼らはまっすぐな音を届けてくれた。


僕も彼らに恥じないよう、自分の道を邁進したい。改めてそう思う。


TAG :
ジェンベ
Sankebere
laoulaou
folikan
wontina
djembe
アフリカ
africa

laoulaou御一行もうすぐ広島入り!!

いよいよ明日になりましたー。
大反響とともにすごい奴らが広島にやってきます。


録りたてほやほや! 福岡でのLIVE映像です。


メンバー二人が参加するWONTINA
TAG :
ジェンベ
laoulaou
folikan
djembe
アフリカ
ドラム
ダンス
fmちゅーピー
ばら子

LAOU LAOU BAGOURA & AICHA TOUR 2011 @ HIROSHIMA

       SANKE BERE ~ルーツを知る旅~  2011年9月21日~22日@広島
omote.jpgLaoulaou1_20110713205721.jpg


● 2011/9/21 【SANKE BERE ~ルーツを知る旅~】 LIVE INFORMATION 

 出演:Laoulaou Bangoura
     カオリ バング―ラ
     藤井容 / ジェンベ
     村井宏樹 / ジェンベ
     寺崎充央 / ドゥンドゥン
     奥崎慎一 / サンバン


 料金:前売 2,300円(1drink付)
    当日 2,500円(1drink付)

 時間:19:30 OPEN
    20:30 START

 会場:club BORDER

       広島県広島市中区流川町5-3  082-241-6633 ‎

map2.jpg


laoulaou3.jpg






2011/9/22 AFRICAN DANCE & DRUM WORKSHOP @ HIROSHIMA

●15:30-17:00ダンスクラス(予約制:定員30名まで)

講師: カオリ バング―ラ
会場: DANCE STUDIO FLEX
住所: 中区堀川町6-8 西村ビル
電話: 082-246-9632
料金: 2,500円



●19:00-20:30ドラムクラス(予約制:定員10名まで)

講師: Laoulaou Bangoura
会場: JIMO music school
住所: 中区八丁堀13-16 金谷ビル 4F
電話: 082-227-2424
料金: 3,000円

レンタルジェンベ500円(要予約)


 ※グループでの受講や上記以外の時間帯の受講のご希望等、お気軽にご相談ください。


laoulaou3.jpg



                   お知らせとお詫び

「Sanke Bere Japanツアー2011」では、これまでアイシャの入国へ向けた諸手続きを重ねてまいりましたが、
入国に必要なビザ発給が認めらず、彼女のツアーへの合流を断念せざるを得ない状況となりました。
楽しみにされていたお客様には、多大なるご心配とご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
一同誓いを新たに全力で取り組んでまいりますので、ご支援なにとぞよろしくお願いいたします。

                       Sanke Bere Japanツアー2011企画運営スタッフ一同


9/22 15:30-17:00のダンスクラスはアイシャに変わりカオリ・バングーラが講師を務めます。
ギニアのスス族のリズムを中心としたクラスを予定しております。受講料は2500円となります。
ご不明な点などありましたらお問い合わせください。



主催:KELEN KELEN/アフリカンダンスタイム広島 / 一般社団法人日本ジャンベ協会

協賛:PERCUSSION HOUSE PICO / JIMO cafe / おきらく家 / WACKIE'S DINER


kyokaimark.jpg



TAG :
アフリカ
ジェンベ
ラウラウ
ギニア
広島
太鼓
ドラムストラック
sanke
bere

ラジオ出てきますー

暑かった夏も終わり、随分秋っぽくなってきました。


僕は11月の試験に向け、朝から晩まで勉強漬けの毎日です。
広島ライフももう半年が経ちます。残念なのはあまり友達がいないこと。
遊び友達募集中ですー。


勉強もすこし手応えがつかめてきたので、ここでもうひとつ上のギアに入れたいところですが、
今週末から怒涛のスケジュールなのです。

9/11日曜日は奈良さんのLIVEにちょこっとお邪魔してきます。
奈良さんは、日本のジェンベ界のパイオニア的存在。
久々に遊んでもらいますー。


9/12月曜日と9/14水曜日は「バラ子さん」こと、ふじたよーこちゃんと一緒にラジオ出演。
詳細は以下でご確認を。

9月12日(月)20:00~
FMはつかいち(76.1MHz)
音楽ともだちカワちゃんのレギュラー番組にゲスト出演です。


9月14日(水)15:15~
FMちゅーぴー(76.6MHz)
広島すまいるパフェという番組内の広島VOICEというコーナーに出演します。



ラジオでも奈良さんのライブでも少し叩かせてもらうことになってます。

このあいだ、軽くラジオのリハでもするかーとタマ(トーキングドラム)を叩いたら
5分で左腕の筋肉が動かなくなりました。そんなところに負担かかるんやね。
そういえばこの半年間、演奏どころかボールペンより重いものろくに持ってない。俺大丈夫か?


そして9/21-22には西アフリカらやってきた凄腕ジェンベ叩きLaoulaou Bangouraがやってきます。
ツアーメンバーも豪華な布陣。それなのに、なんと前売り2,300円!安い!

このイベント、トラブル続きで、多くの皆様にご心配とご迷惑をおかけしております。
が、ライブを見ていただければきっと満足いただけることと思います。
初めてのかたも大歓迎なので、ぜひご一緒に。


2011年度下半期もボチボチいきましょうかねー
TAG :
ジェンベ
アフリカ
djembe
FMちゅーピー
FMはつかいち
カワちゃん

LAOU LAOU BAGOURA & AICHA TOUR メンバー紹介 その1

本場ギニアで若手No.1と評価されるラウラウ・バングーラ。

ラウラウを生で見た人みんなが口をそろえて言います。
あんなジェンベプレイヤー見たことない。

早く生で見たい!
9月21日@広島が待ちどおしいですな~。

s-____.jpg
ラウラウ バング―ラ

国立舞踊団バレエ・ジョリバのジェンベ奏者の父を持ち、幼少のころよりジェンベに親しむ。10歳で本格的にジェンベを始め「バレエスラハタ」「 バレエワッサ」でジェンベソリストを務めた。現在はギニアで最も有名なパーカッショングループ「ボカ・ジュニオール」のソリストとして活躍し、ギニアの若手 No.1プレイヤーとして称賛されている。彼からジェンベを習うため世界中から生徒が集まる。2010年初来日。氏のプロデュースによるDVD、「wontanara」と「Bere na Matam vol.1&vol.2」が好評発売中。









___.jpg
カオリ バング―ラ

2006年のアフリカ渡航で西アフリカの音楽や生活文化に魅了される。
以後毎年、西アフリカのギニアへ渡航し本場のアフリカンダンスを学ぶ。
ギニア人と共に生活し文化を共有し、地元バレエ団の練習に加わったり 結婚式やお祭りで踊っている。
東京で親子でアフリカンダンスのワークショップを主宰中。

yo.jpg
ジェンベ/藤井容(ヨオ)From京都

1978年、京都府生まれ。大学在学中にジェンベと出会い、民族楽器バンド“円”を結成。2002年、West Africa drums & dance group“HamanaH”を仲間と共に結成。2003年、ギニア人アーティスト カラモコ・カマラ氏との出会いをきっかけに、ギニアに渡り本格的にジェンベを学び始める。帰国後、全国屈指の太鼓叩きを集めたイベント「国産ジェンベ“打”サミット」を企画し、4年連続で開催させる。2007年「AFRICA WALI」結成。現在に至るまで、ギニア・セネガル・マリに渡り、太鼓を学ぶ。



HIROKI.jpg
ジェンベ/村井宏樹(ヒロキ)From福岡

1974年、福岡県生まれ。1998年、ママディ・ケイタの薫陶を受けジェンベを学び始める。以後現在に至るまで西アフリカ諸国、ヨーロッパに渡り修業。2001年、「FOLIKAN」に加入。2006年、「劇団AFRICA」に加入、楽団長に就任。2007年、ママディ・ケイタ主宰インターナショナル・パーカッション・スクール「TamTamMandingue」福岡校を開校。アフリカンドラム&ダンスユニット「ギリギリ★マンディング」結成。2008年、「AFRICA WALI」に加入。西アフリカ音楽の魅力を伝えるパフォーマー、インストラクターとして日本、アジア各国で活躍中。


takao.jpg
ドゥンドゥン/寺崎充央(たかお)From福岡

1978年、福岡県生まれ。10歳より地元津福八幡宮の氏子として和太鼓を始める。その後、津福八幡太鼓のメンバーとなり、各地のイベントに出演。1999年、ガーナ人ミュージシャン、へクターオマニとの出会いにより、アフリカンパーカッションの演奏活動を始める。同年「FOLIKAN」に加入。現在に至るまで、ベルギー・ギニア・マリに渡り修業。現在、複数のグループに参加。太鼓の他に弦楽器もつかい、演奏や音制作など精力的に活動中。

okkunn.jpg
サンバン/奥崎慎一(おっくん)From京都

1983年、広島県生まれ。大学在学中にケニア人ミュージシャンに出会い、初めてジェンベの演奏を見る。それをきっかけにアフリカ音楽に興味を持ち、ジェンベを始める。2006年、ギニアに渡り、カラモコ・カマラのワークショップに参加。2009年、ギニアにてソロ・ケイタのワークショップに参加。現在、「HamanaH」で活動の他、「ジェットファイヤー」「ンバラファ」など様々なグループに参加し精力的に活動中。




TAG :
アフリカ
ジェンベ
ラウラウ
ギニア
広島
太鼓
ドラムストラック
sanke
bere

アフリカ独立50周年記念イベントを終えて

今回、スタッフの中にも、観客の中にも、いたたまれない気持ちを抱えたままイベントに参加された方も多かったと思います。僕も本当に情けないくらいにうろたえ、揺れ動きました。

イベント準備から終了までの周囲の反応を見ていて、開催の意図を、たとえそれが個人的な物であったとしても、表明するべきだと思いました。
これは懺悔でも、僕と考えが違う人の意見を否定するためのものでもありません。
開催に至った、僕個人の理由をここに記します。




今回のイベントは、そもそもサコさんを筆頭にマリ共和国出身の人たちが集まって企画したものでした。
そこに日仏学館や、京都精華大学、マリ大使館やその他の様々な団体を巻き込んでの開催となりました。
アフリカ独立50周年という節目を彼らと同じレベルで感じることは出来ませんが、僕自身アフリカから学んだことが多くあったこと、彼らだけでは困難が予想される企画である事、そしてなにより、参加するお客さんにとっても、僕自身にとっても、きっと面白いものになるであろうという感じた事により企画に参加しました。




イベント前日であり、地震が起きた11日深夜から12日早朝にかけて、僕は車でアンプなどを調達したり、PCに向かって地震に関する情報収集と予約処理やタイムテーブルの組み換え作業したりしながらイベント中止の可能性や、払い戻しを検討していました。
甚大な被害が明らかになる中、心は萎む一方で、何のためにやるのか、この状況で本当にやりたいのか、僕自身分からなくなっていました。


規模に不釣りあいな予算しか組めていなかった為、これまで多くの人に迷惑をかけ、多くの人が利益を度外視して協力してくれていました。
頼んだ人が無理でも、そのまた知り合いにお願いしてくれる。そんな風に協力してくれた人たちがたくさんいたからこそ、安易な理由でその準備を無駄にできない。
それに、イベントを止めることで得られる具体的かつ物理的な被災者への支援や、支援者へのサポートは見あたりませんでした。

でも日本が大変な時に、アフリカ50周年って・・・



11日夜に高速道路で京都に向かうはずだったtamtam楽団メンバーは、交通網も通信網も混乱した都内で、メンバーちりじりのまま余震で不安な夜を過ごしていました。

僕は深夜と明け方の二回、電話で彼らと連絡をとりました。

『お客さんが待っているなら、Ba Cissoko達が予定通り来日したなら、なんとしてでも京都に向かう。』
絶対的な不安の中にいるであろう彼らが、最終的に全員一致で出した結論を受けて、僕は頭を殴られたような衝撃をうけました。節電問題やリスケジュールなど、考えるべき事は数多くあれど、コンサートの開催については批判されても予定通り開催する。この時やっと覚悟がきまりました。
もし、彼らの意志表明がなければ、たとえイベントを決行していても、僕を含め誰もが委縮してしまい、せっかく来日したBa Cissokoの音楽の素晴らしさを伝えることすら自粛していたと思います。




複数のスタッフから本当にやるのか?そんな場合じゃないんじゃないか?という声もあがりました。
僕の頭の中にもいろんな想いがぐるぐるまわっていました。

でもたとえ誰かに不謹慎だと非難されようとも、音楽はいつだって断罪されるべき対象じゃない。
苦しんでいる人が本当に沢山いることはわかっている。だからこそ自分の人生と精一杯向かい合いたい。



僕がイベント運営に携わる基本的なスタンスは、自分の好きな音楽をみんなにも知ってほしい、そんな個人的な理由です。
たとえば美味しい料理屋さんに友達を連れていく、そんな簡単なものです。
好きなものを共有して、楽しい時間と共にみんなと仲良くなって、その輪がもっと広がっていけばいいなと思っています。
それがすべてで、誰かを啓蒙しようとか、誰かを救おうなんて思っていません。
『正しいことじゃなくて、面白いことをみんなに提案したい。だからどんなときでも楽しさの窓をみんなに開きつづける』
それは厳しい環境でもユーモアを忘れないアフリカの人達から学んだ事の一つです。

今回も出来ればそこに帰結させたかった。
もちろんチャリティーイベントは素晴らしいと思うし、そうした精神で動く人々を僕は支持したいと思います。
でも、11日の時点で関西各所での募金箱設置の動きが出ていました。敢えてこのイベント内で募金活動をする必要性は感じませんでした。

僕は、個人的な理由で参加したこのイベントに『被災者の為』という大義名分を掲げることで、その時自分の中に溢れていた罪悪感を覆い隠すことが嫌でした。 それがチャリティーの要素を持ち込まなかった理由です。


今はみんなの気持ちを受け止める為に、義援金箱を置いても良かったかも知れないと思います。でもその時は、そんな意地のようなものがありました。







イベントを終えて、改めて思います。
本当に多くの人の善意と協力によってこのイベントは作り上げられました。

音響屋さんT君はそれで家族を養っているのに、利益にならないこのイベントを手伝ってくれました。
楽器を提供し、ステージスタッフとして参加してくれたD居君がいなければこのイベントは成り立ちませんでした。
日仏学館のS藤さんは僕の知る限りもっとも働いてくれたメンバーの一人です。日仏学館と僕たち主催サイドの衝突の間に立って通訳を務め、照明を務め、汗だくになりながら設営から片付けまで動いてくれました。
三人とも本来は業務外の会場整理など、スタッフ不足準備不足の穴を埋めてくれました。

みきちゃん、ゆかり、samちゃん、tomちゃん、
たまっち、赤井君、
準備不足で本当にみんなに迷惑をかけました。
震災の事で揺れ動きながらも、みんながいたからなんとか無事に終える事が出来ました。


名取さん、ゆかさん、ちかこさん、
スレイマンとその奥さん、サビン、アミナ、アンドレア、タマラ、ババ、
そして主催者のサコさん。
他にも、日仏学館のスタッフの方も含め、たくさんの人がこのイベントにかかわりました。
ケンジ犬には前夜に突然代理講師をお願いしました。
観客の中にも本来なら招待にするべきなのに、当たり前のようにチケットを購入してくれた人が何人もいました。

ご来場いただいた方、やむ追えずキャンセルされた方、出演者・スタッフ・各関係者、応援も批判も含めて意見していただいた方々。

終えてみてイベントをやって本当によかったと思っています。
これは、何事もなく無事に終えられたから、言えることだと思います。

学んだ事も多くありました。自分たちに何ができるのか、何をするべきかを考えるきっかけにもなりました。
とても悲しくて、それでもやりたくて、楽しくて嬉しくて、たくさんの事を考え、動いた3日間でした。
関わってくれて本当にありがとう。
TAG :
バシソコ
Ba
Cissoko
ジェンベ
加藤たくみ
日光
アフリカ
tamtam
楽団
タムタム

ジェリ・ンゴニ奏者野口パプゥ

最近よくつぶやいている話題ですが、なんと堺にジェリ・ンゴニ奏者を発見!


Salif KeitaやYoussou NDourのツアーメンバーを務めていたこともあるンゴニ奏者が住んでいるとの話をバチコンドーのミキちゃんから聞きつけ、早速アップローチ。先日、ンゴニファン、グリオファンの仲間を集めて彼の元に押しかけ、一緒にスタジオに入りました。

ジェリ・ンゴニというのはマンデ文化に伝わる楽器の一つで、ギターのような形をしています。僕は、哀愁漂うこの楽器がとっても好きなんです。
            


                       Bassekou KOUYATE
       

さて、突如大阪・堺に現れたのンゴニ弾き。彼の名前はパプゥ。
若干20歳でバマコの名門バレエ団Babembaでンゴニを弾いていたそうです。
音楽修業の為、アフリカを旅をしていた奥さんと出会ったことがきっかけで、4ヶ月前から日本に越してきたそうです。

彼は素晴らしいミュージシャン。
僕が言うのもおこがましいけど、伝統楽器のネックであるチューニングの問題にも対応でき、伝統音楽が支える高い技術とクリエーションにも積極的な柔軟性を持ったミュージシャンという印象でした。
ちなみに彼は現在、ブルースミュージシャンとバンドや、南アフリカのマリンバ奏者ジョセフ・ンコシ氏と共に演奏されていますが、畑違いのミュージシャンからの評価が高いのも十分頷けます。

アフリカンミュージシャンが仕事の少なさを原因に関西から離れていくところを何度か見ました。彼を見ていると今度こそ上手くいけばいいなと切に思います。

という事で告知です。
残念ながら僕は仕事で行けませんが、興味のある人は是非!

以下転載っ!!
----------------------------------------------------------------------
シシボズLIVE
3/5 土
場所:本町 ブルーモンク
時間:20時~/21時~2ステージ)

出演:PAPOU、QUNCHO、RIE
チケット:2500円(ドリンク別途500円)
ブルース界でその名を轟かせる巨匠QUNCHOと、PAPOUのアフリカンフィーリングが見事に融合!
ゴニ、タマ、ジェンベ総出で、マリ音楽と日本音楽、ジャズ、ファンク、ブルース、ラテンをフュージョンさせた私たちのオリジナルに加え、QUNCHOさんの珠玉のナンバーもお届けします。
マリ音楽だけでなく、ブルース、ファンクに興味がある方は必聞!ない方はもっと必聞です@
TAG :
アフリカ
野口パプゥ
ンゴニ
ジェリ
グリオ
大阪
関西
twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。