SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

昨日、西アフリカからの訃報が、何人かの手を経て、僕の元に届いた。

お金があれば助かったかもしれない命。
そんな現実を前にして、僕らには何が出来るのだろう。


遺族に送金しようという話がある。
彼女の命は戻らないが、葬式、親族の病気治療、残された人々はお金を必要としている。
一方で、途上国が抱えるより根本的な問題は、お金を送る事では解決しない。

人は必ず死ぬし、お金があればいい締めくくり方が出来るかというと必ずしもそうじゃない。死に逝くもの、残されるもの、それぞれが死を受け入れる為には、お金の多寡は関係ないのかもしれない。


身近な人を亡くした人に、自分が何が出来るのだろうと考えたとき、そういえばと他人事のように、父の事を思い出す。
父の病名は脳腫瘍だった。確実に死に向かっていく父、母はそんな状況で僕を産んだ。親族には子供を産まないという選択肢を勧めた人もいたそうだ。僕を生んだとき、母は27歳だった。夫を亡くしながら、二人の子供を育てていくという決意はどんなものだったのだろう。
僕が生まれて3か月くらいたった頃、バトンタッチをするかのように父は亡くなった。僕が父の死を大きな問題として実感したことがないのは、母や支えてくれた周囲の人、そしてこの国の制度のおかげだ。

日本でも医療費10割負担であれば、保険制度がなければ、お金と命を比べる、そんな状況が少し身近になる。
お金がないから死んでいく、そうした事実があることを、僕達は何も分かっていないのかもしれない。


先日、桝添厚労相は、ワクチン接種の優先順位と共に、新型インフルエンザの不足分を輸入で補う方針を発表した。5300万人分のワクチンが必要だが、年内に1700万人分しか製造出来ないとされている。
コメンテーターは、海外製のワクチンに粗悪品が含まれる可能性と、海外からワクチンを買い集めるのは、日本が金で命を買おうとしていると受け止められると批判していた。

インフルエンザの流行によって、本当に深刻な被害を受けるのは日本じゃない。それでも、日本の子供達、老人達が死んでいくことを放っておくわけにはいかない。
ただ、その薬は、そのお金は、もしかしたら別の所で誰かの命を救っていたかもしれない。日本が買い入れる為に、現地の人には届かない値につりあがるかもしれない。


声を上げて正義を叫ぶ。可哀想な人たちの存在を訴える。それで変わることもあるかもしれない。でも、僕は安全な所から矛盾を糾弾するやりかたは趣味じゃない。
じゃあ具体的に自分に何が出来るのかを考えたって、解決につながる案なんて出てこないかもしれない。
どうやったって簡単には変わらないかもことかもしれない。


それでも、目の前ので苦しむ人を放ってはおけないし、自分に出来る事を探さずにはいられない。


僕達はきっと、そうした問いを繰り返していく。


それでいい、と思う。
スポンサーサイト

消費傾向

   

通販市場、コンビニ・百貨店抜く 08年度、8兆円強に


 通信販売市場が成長している。2008年度の全国売上高は推定8兆円強と、コンビニエンスストアや百貨店の規模を抜いたもよう。自宅や外出先からパソコンと携帯電話を使いインターネット経由で注文する比率が7割以上に達する。このネット通販をけん引役に市場全体は00年度に比べて3倍強に膨らんだ。働く女性・高齢者の増加や自宅で買い物を済まそうとする傾向など消費構造の変化をとらえており、成長が続きそうだ。
 カタログ・テレビ通販主力の企業でつくる日本通信販売協会の販売データと、野村総合研究所のネット通販に関する調査を基に集計した。

  NIKKEI NET



 出口の見えない不況感が、新しい需要を呼び起こしている。
商売のプロになりたいなら、消費の気持ちになるプロになれ、か。




混乱するイラン

イラン:デモ、地方5都市に拡大 暴動の可能性も

15日、テヘラン市内でムサビ元首相支持者から殴られる大統領派民兵とみられる男性(中央)=AP 【テヘラン春日孝之】イラン大統領選の開票結果を巡り、改革派ムサビ元首相の支持者らが15日にテヘランで強行した大規模デモで、参加者1人が当局側の発砲で死亡、数人が負傷した。抗議行動は中部イスファハンなど少なくとも地方5都市に波及し、暴動に発展した可能性がある。

 AP通信によると、改革派支持者がテヘラン市内の革命防衛隊関連施設になだれ込もうとしたところ、発砲されたという。

 抗議行動は▽南部シラーズ▽北東部マシャド▽北西部タブリーズ▽中西部ケルマンシャー▽中部イスファハンに飛び火したが、暴動の規模や負傷者などは不明。一方、今回の大統領選で敗れたカルビ元国会議長は15日、ムサビ氏と行動を共にする意向をウェブ上で表明。「共通の敵」アフマディネジャド政権に対し共闘して「大統領選の再実施」を求める方針だ。

 こうした動きを受け、最高指導者ハメネイ師から今回選挙の適法性を「検証」するよう求められた護憲評議会は、早急に結論を出す意向という。ロイター通信によると、テヘランでは16日夕(日本時間夜)にも改革派支持者による大規模な集会が開かれる模様。

毎日新聞 2009年6月16日 13時04分(最終更新 6月16日 13時54分)



 この種のニュースを聞いたとき、遠く離れた国の現実に圧倒され、より大きな悲劇に発展することのないようにと願う。
そして、自分達には何が出来るのかを考えさせられる。

 イランの政治問題には、アメリカ対外戦略と影響しあう。
 これまでも、非民主主義国家というレッテルによって、戦争が起きた。
法の支配と市民社会の形成という正義を世界中に広めるために。



 一週間くらい前の読売新聞に、米外交問題評議会会長のリチャード・ハース氏の寄稿が掲載されていた。世界への認識、戦争への認識、異なった価値観への認識、その違いにハッとした。

 それは、オバマ大統領の外交政策を分析するものだった。
湾岸戦争を行った父ブッシュを現実主義路線とし
イラク戦争を起こしたブッシュ前大統領を理想主義路線と定義する。

 二つの路線の本質的な違いを
非民主主義国家に対する米外交政策の主要な目的の違いだと説明している。
他の国の対外行動に影響を及ぼすことにあると信じる人々が【現実主義者】であり
他国のうちにある本質を変えることにこそあるとする人々【理想主義者】
である
 ブッシュ前大統領が行った対テロ・対イラク戦争というのは、どこか宗教戦争を想起ささせるものだったのを思い出す。
分析はわかりやすいものだったし、納得できる点も多い。
 気になったのは、文章の背景にある『非民主主義国家』に対するアメリカの認識。そして非民主主義国家に対する戦争の是非だ。

> 未成熟な民主国家は、ともすれば大衆迎合主義に陥りやすい。成熟した民主国家の構築は困難で、時間がかかるものである。
> 米国は法の支配と市民社会の成長を奨励する一方で、たとえ相手国が民主的であろうとなかろうと、その国の政府と共同で事に当たる必要がある。

 非民主主義国家にある問題を解決する為に、自国の軍隊を送り込む。
彼 (彼の背後にいる、決して少なくはないアメリカ人達は) の論調にはアメリカが正義を代表すると信じて疑わない姿勢が感じ取られる。

彼はこうも言う
>例えばイスラエルは、非民主国家であるエジプトやヨルダンと、30年以上にわたって平和的な関係を続けてきた。
米国と旧ソ連も、基本的な立場の相違にもかかわらず、例えば核兵器の管理など、限られた形で協力した。

 イランの選挙問題は、【民主国家】【非民主国家】という色分けを鮮明にすることにつながっていく。
その境界の矛盾と、国家のもつ傲慢さに憤りを感じ、その先に見える世界を憂う。

駐ブルキナファソ初代大使

不況になっても、資源争奪戦はまだまだ続く模様。
最近は大使に総合商社の方が就任されるケースが増えている。

こうした流れがアフリカと日本のパイプを太くして、地下資源だけではなく、人材、文化が双方向に行き来するようになれば、きっと世界はもっともっとおもしろくなる。



丸紅株式会社
2009年5月22日

元当社社員杉浦勉氏(2009年5月21日付にて当社を退社)は、
本日の閣議において、駐ブルキナファソ国特命全権大使に
就任することが決まりましたのでお知らせ致します。

By:Marubeni Corporation



経済正常化と雇用創出

 雇用問題を根本的に解決するには、景気を回復させるしかない。
景気を回復させるにはどうしたらいいか。
 もちろん、それに対して明確で正確な答えが出せるなら世界中が苦労しないわけだが。


 大量消費型の市場モデルが時代遅れであるならば、当然これまでのように生産すると過剰供給になる。
経済正常化といっても、どういう状態が正常なのかを見直す必要がある。


 経済の問題に明確なビジョンが見えないならば、正規雇用と非正規雇用の格差是正がより必要性を増していくのかもしれない。


 飲食経営で培った皮膚感覚で言うならば、財布の口が閉まっていっているのは、ここ一年二年の話じゃない。消費者意識は確実に移り変わっているわけだが、だからといって安易に価格競争に乗るのは芸がない。
みんなに必要なものは何なのだろう

国家にしてもらうのではなく
会社に守ってもらうのではなく
自分には何が出来るのだろう

会社への依存
国家への依存
そこから抜け出すときなのかもしれない

社会を形作る

衆議院では補正予算が可決され、民主党では代表選が話題になっている。


僕らが生きる世界にはたくさんの矛盾がある。
問題を語るとき、結局政治家が悪いという意見をよく聞く。

僕はこういう物言いがあまり好きじゃない。

政策の矛盾、保身を理解した上で、僕らに出来る事は政治批判だけなのだろうか?
政治家に求められているものは大きい。
人類史上、貧困のない時代があったのだろうか?
差別のない世の中があったのだろうか?


政治家を擁護したいわけじゃない。
ただ、それほど大きな問題に前に誰がやってもうまくいかないのならば、個人の資質を問うよりもシステムそのものが抱える問題を考えるべきではないのだろうか。



日本は明治維新を通して西欧的な近代国家システムを輸入した。
物質的発展を支える産業資本主義と共に、議会制民主主義は近代国家を支える大きな柱だ。

現代の政治家は天下国家のビジョンを語るのではなく、人気取りと権力闘争に終始するという批判がある。
彼らは何故保身に走るのだろう。保身に走らせる原因は何なのだろう?
そもそも政治家に国を変えられるのだろうか?

議会制民主主義は間接民主制と言い換えることが出来る。
自分の権利を、代表者(議員)に信託して政治を代行してもらう。

対して、直接民主制という概念がある。
全ての国民参加による政治だが、これは現状では不可能だと言われている。

私たちは社会に参画する為に選挙票を持っている。

これまでの経済の歴史を振り返った時、同様の側面をもったシステムは経済活動の中でも行われていたことに気づかされる。

消費者、様々な企業を通してモノを買う。
商品が売れない企業は倒産する。
商品のクオリティだけではなく、企業の社会的責任が問われる時代になった。
イメージを大切にし、環境や地域への貢献に予算を割く。

私たちは消費活動を通して、生産側を選んでいるのだ。
この構図は投資においても変わらない。

資本主義が抱えている最も大きな問題を一言で言うならば、個の利益と、全体の公益が大きく乖離していることだ。
この大きな問題がどうすれば解決するのか分からない。
けれど、その先には経済に留まらない大きな希望が見える。



大きな視点で自らと他を同じように俯瞰出来るなら多くの問題は解決していくだろうが、なかなかそうもいかない事は歴史が証明する。

人類の歴史は紆余曲折。
多くの矛盾や犠牲を伴いつつ人類は変化し続けている。
これからも、様々な思惑を内包しながらも、人類はより良い未来を目指して歩み続けることだろう。
その行方が正しいのかはわからない。

ただひとつ言えることがある。
何かを変えるのはいつも自分自身だ。

農山漁村と途上国

途上国には多くの問題がある。
そして、先進国と途上国の関係は、都市と農山漁村の関係に似ている。

貨幣経済の力が及ぶ範囲においては市場の競争原理は変わらないということだろう。



農畜産物生産者と、農協やスーパーなどの大手流通業者の力関係は圧倒的だった。
この仕組みが低価格を実現し、消費者はそれを支持した。

商品の生産現場には自分たちと同じ人間がいて、彼らには生活がある。
フェアトレードという概念を持ち出さずとも、市場のあらゆる局面でそれは当然のことなのだ。

消費者にとって低価格はありがたいことだが、市場において価格至上主義が支配すると、多くの場合商品の質は低下する。

通常飼育に1年間を要する場合でも、6ヶ月に抑えることで時間コストが半減する。
農薬散布の量を増やせば、管理に必要な作業が減少し、人的コストに直結する。

もちろん人件費が抑えられる事で直接的には生産者が低価格のダメージを負うわけだが、長期的に見たときその結果は消費者が負うことになる。

近年の食に対する安全意識の高まりがその表れだろう。
悪影響が出るのかについて、短期間では分からないものもあるが、衛生管理面や過剰薬品等、現場では働くものならはっきりと問題だとわかるものも放置されてしまう。

根本的な原因は、無理な価格競争だろう。

農業において、新たなビジネスモデルが生まれ始めている。
食の安全の高まりは、現行資本主義の都市圏から、農山漁村へ働きかけるインセンティブを作った。
これらの動きが一時的な健康ブームで終わるのか、構造に変革をもたらすのか。

僕は世の中で価値観の移行をしっかりと感じている。


経済成長をしなくても、時代は激しく動いている。
地球のデザインはそうして行われる。

その選択権は一人一人の消費者が持っているのだ。
twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。