SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wonderful days

与えられた安心と豊かさの中で
海の向こうの飢えや矛盾に目をつむり
問題を社会や政治のせいにする事になれていく

見ようともせず
考え抜こうともせず
危機が訪れるたびに犯人探しに躍起になる
そうやってかりそめの安心と失望を繰り返すくらいなら
最初からそこにあるリスクと向かい合って生きたい




昨日格付け会社が日本国債の格付け引き下げの検討に入ることを発表した

もし国債が破綻したときはたくさんの銀行が倒産するだろう
国債の信用がなくなるというのは日本政府の信用がなくなるということだ
日本企業や円の競争力の低下はもちろん
預貯金を持っている人
保険に加入している人
日本人を相手に仕事をしている人
日本に住んでいるほとんどの人は
その影響を受けずにいられない


2010年度の国家予算を家計にたとえると
株等の取引も含めた480万円の年収に対して
535万円の生活費
175万円を親へお小遣いとして渡し
98万円の借金の利息を払い
108万円の貯金をしている

収入より支出が多いけど財布にお金は入ってないので
443万円を新規に借りる
さらに、過去に借りた1030万円の借金の支払い期限が年内に来るので
その借金を返すために新たに1030万円の借金をして
その他にもにも親戚(国内関連機関)の為に155万円を新たに借り、74万円の債務の保証人になる
(参考:一番面白い日本国債入門 著永野学)

震災後、消費税増税も具体的な話になってきたけど
復興費捻出だけ考えてもまるで足りない

480万円の収入で
具体的な返す当てもなく
1702万円の借金をする

普通に考えれば実質的に破綻しているけど
本当に破産しない理由は国債を買い続ける人がいるから

このままでは破綻する
でももうしばらくは大丈夫だろう
経済は人間のそんな意識をあらわしている

専門家は
政府が破産しても日本人はまだまだ資産を抱えているから
増税を通して政府にその資産を移転すればおそらく切り抜けれると見込む

その通りかもしれない
そうはならないかもしれない
ただ、誰が考えてもわかるように
いつまでも支出が収入を越えたままでいれば
借金が増え続けたら
いつか日本人も買い支えることは出来なくなる


でも「政府は何をやってるんだ」とは言わないでほしい
僕達に認められて選挙に通るためには
税金や借金と向き合うのは難しいのだから

未来は僕達自身が変わらなければ変わらない




例えばこの世界の通貨をひとつに統一したとしたら
例えば先進諸国の労働市場が解放されたとしたら
例えばこの世界から国境がなくなったとしたら
日本には今とは全く違う光景が広がることだろう


国境でせき止められていた格差は個人の間の格差に変わるかもしれない
日本人というだけで保証されていた暮らしのレベルはきっと維持できなくなるだろう
貧困や犯罪はテレビの中のものではなく
もっと身近なものになるかもしれない


悪いことばかりでもないだろう

複数言語を話す人は珍しくなくなり
町にはモスクや教会
食材表示をする飲食店が増え

あらゆる食文化が競いあううち
もっともっとおいしいものが生まれるかもしれないし

様々なルーツが出会い
そこらかしこで新しい音楽が生まれるかもしれない


結婚するとき名字が選べるどころか
一夫多妻や一妻多夫の選択欄までできてしまい

戸籍には姓と名だけでなくミドルネームの記入が可能になり
医師が証明すれば
性別を変えることも出来るかもしれない


突拍子もない話だと思うだろうか
そんな事ありえない話だと思うだろうか
でも世界はいつだっておもいもよらない変化を繰り返してきたんだよ

今だって経済や科学技術は国境を自由に行き来しているから
国という概念を越えられない課税制度は矛盾だらけだし
サイバースペースを法律で縛る事は難しい
整備されたインターネットインフラが、コスト低減どころか、非常時には多くの命を救うケースさえある

使いこなせない人を置き去りにして公共サービスをすべて変えるわけにはいかないのも事実

どんな仕組みだって
時間がたてば問題が出てくる
状況に合わせて変わり続ける必要があるけど
人間は簡単に変わらなくて
意識だけがおいてきぼりになる
だからこそ
自分の意識が変われば世界は案外簡単に変わるのかもしれない


生きるっていうことは
変化するということ
当たり前だと思っていたことが
突然終わりを告げる
きっとびっくりするだろうけど
変化を怖がることはない

だって本当は最初から
なんの前提も
なんの保障もないんだから

僕らはもっと自由に生きていい
迷いながら
受け入れながら
自分の信じる道を歩めばいい


この世界で
僕達は自分の可能性を信じて
今日も挑戦し続ける
それぞれがそれぞれのスタイルで

鼻歌を歌いながら
明日に向けて祈りながら
二度とやってこない今を楽しみながら
僕達は挑戦することを諦めない
スポンサーサイト

のびていけ

世界にはワクワクさせてくれるものがたくさんある。
当たり前だと思っていた事が、実は当たり前じゃないということに気付かされる事がある。

かつての時代がそうだったように、僕らが生きているこの時代だって、未開と呼ばれる日はいつかきっとくる。
正義を叫ぶ声は現代版魔女狩裁判かもしれない。


日本に居ると意識することは少ないけど、生きることはサバイバル。
本当は安定なんてないし、揺ぎ無い真実も無い。
価値はいつも簡単にひっくり返る。明日何が起きるかは誰にもわからない。

何かが起きたとき、誰かを責めるなんて真っ平だ。
だから自分で考えよう。
恐怖を見つめて、世界をこのまま受け入れよう。


正しいことを口にした瞬間、大切なことを覆い隠してしまうことがある。
どんな問題だって、いつか必ず解決できる。本当にみんなが望むなら。
それなら楽しいことからはじめよう。

自分の枠の外にあった、素敵なものと出会って、そこに居る人達と仲良くなる。
知ること、出会うことはそれ自体が新たな可能性。
そんなワクワクを形にする。

行き着くところがどこなのか、それが見えなくたって構わない。
もっとエキサイティングで、もっとカラフルな未来を目指して、今日も一歩前に進む。
心よ開け。世界を信じて伸びていけ。



twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。