SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカは西だけじゃないよ


そういえば、東アフリカの逆襲と銘打ってツアーをされた方がいました。
良いライブでした。

アフリカの素晴らしさは
ジェンベだけじゃない。
西アフリカだけじゃない。
インフレで世界を賑わせる、東アフリカはジンバブエから、ムビラ(親指ピアノ)の達人が来られるそうです。
BAOBABの兄貴分、衣川氏のオーガナイズです。


ということで、皆さん4月19日は大阪に行きましょう。

●4/19(日) 大阪公演
【会場】:Sound Channel (サウンドチャンネル)
【時間】オープン15:00 クローズ19:00  
【料金】2500円(1ドリンク付)
【地域主催】ロワンビラ  
【出演】ロワンビラ、ジョセフ・ンコシ、
パシパミレwithハヤシエリカ
【会場連絡先】Sound Channel (サウンドチャンネル)
【Web】http://www.sound-channel.jp/
大阪市中央区西心斎橋2-8-21-B1
【Tel】06-6212-5552

pasipamireprpfile.jpg

●ジンバブエの民族楽器ムビラ(指ピアノ)の演奏・アフリカの絵/詩の創作から外務省主催イベント「アフリカンフェスタ」のジンバブエコーディネートまで精力的に活動するハヤシエリカ。
彼女のプロデュースのもと、ムビラの師でもあるジンバブエ屈指のムビラ奏者ルケン・パシパミレを本国ジンバブエから迎えジャパンツアーを開催。
その大阪公演をサウンドチャンネルにてお届けする。
ライブには、現在大阪に在住する、南アフリカで5本の指に入るというマリンバ奏者ジョセフ・ンコシ氏と名古屋からジンバブエのポップロック「チムレンガミュージック」
を演奏するロワムビラをゲストに迎えて公演する。

(詳細)
ルケンパシパミレ/ハヤシエリカ http://www.hayashi-erika.com/
ジョセフ・ンコシ        http://nkosiafrica.com/
ロワムビラ           http://www.rovambira.com/


【ルケン・クワリ・パシパミレ 】
1952年ジンバブエ、モンドロ生まれ。19世紀後半に生きた、曽祖父パシパミレは、ショナ族伝統宗教の強力な神(スピリット)であるチャミヌカを降ろすことのできた高名な霊媒師だった。
また、その息子クワリは王宮において演奏をしていた熟練したムビラとンジャリの奏者。
ルケン氏はムビラの伝統を弾き伝えてきた一族の末裔である。
彼は8歳の頃、儀式での神秘体験からムビラの魅力に目覚め、グエニャンビラ(ムビラ奏者)への道を歩み始める。「ビラ」と呼ばれるムビラによる祖先降霊儀式で数えきれないほど演奏して腕を磨いた。
1970年代に訪れたアメリカ人研究者ポール・F・バーリナーの著書「The Soul of Mbira」や現地録音CD「Shona Mbira Music」のレコーディングに協力。
このCDは現在でもムビラの代表的な音源として高評価を得ているが、ルケン氏の所属した「Mhuri yekwa Rwizi」(チーフルイジの家族たちの意味)の名演奏をそこで聴くことができる。
1983年「Mhuri yekwa Rwizi」の一員として、ムビラの初の海外公演をヨーロッパ各地で行い成功。以後も、ジンバブエ国内での演奏、ムビラ教育に携わり、多国籍な後継者を育てている。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。