SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白い提案

2007年までの6年間は、イベント等の媒体を通して彼らの伝統的な音楽を日本で紹介し、その可能性を探した。
2008年以降は、アフリカンカフェを通して彼ら国際競争力を持ってもらう方法が無いか、産業を興す方法はないかを考えてきた。



途上国の問題を考えると、人としての幸福や個人の生き方という問題に行きつく。
本当に必要なものはなんなのか、本当は何が正しいのか、答えは簡単に出せない。


途上国でも、先進国でも、伝統的な社会構造が残っている地域で生活すると、豊かさとは何なのだろうかと考えさせられることがある。

本当は彼らにとって、経済発展など必要ないのかもしれない。
これまで生きてきて、立ち止まってそう考え込むことは何度もあったし、自分の行動がどんな影響を与えているかを見直すことで、これからも悩み続けることだろう。



経済の成長には限界があることと地球資源は有限だという事が明らかになってきた。

それでも、僕達は貨幣経済による恩恵を受け続けているし
現代の物質的豊かさを支えるシステムとして有効だと認識している。


ただ、僕は強く感じることがある。

資本主義か共産主義のどちらかを選択しなければならないだとか
貨幣経済か自然回帰のどちらかしかないとか
スーツを着るか着ないかだとか、
100対0だとか、善か悪かだとか、

人類が抱える問題の本質はそういうものではないと直感している。


自分が自由かどうかは、忙しさや職業の問題ではなく、心の問題であり、
よりよく生きるというのは、姿勢の問題だ。・・・少なくとも僕にとっては。


資本主義の問題は100年以上前から議論されていたことで、その結果共産主義国家が生まれた。
東側が破綻したから、資本主義が正しかったというような論調もあるが、冷戦構造と、資本主義の抱える問題の解決は別の問題だ。
現代社会に問題があることは、多くの人々が感じていることと思う。

私たちは、その短い時間軸や、近視眼的な所有という概念や、一方的なヒューマニズムや死生観によって判断を行うが、歴史を振り返ればそれは過ちの積み重ねであるし、正義や豊さの価値基準は時代によって二転三転してきた。


人類が開発したあらゆる製品は全て地球資源を組み替えたものであり、我々が完全に地球に依存した存在であるという事実は、菩薩の掌にいる孫悟空の寓話を想起させる。
そしてその事実は、逆説的ではあるが、地球や宇宙の大きな時間軸から見るならば、人類の活動は我々が考えているほど地球に対して大きな影響を与えないであろうという考えに説得力を与える。
人間は地球に活かされており、人間がが生み出すものも含め、全て地球の循環活動の一環として捉えるべきなのかもしれない。

正しい事を探しても答えは出てこない。
そして彼らを救うべき対象と決めつけたくない。
私たちが生きるこの環境をもっとおもしろくする為、現代を生きるパートナーとして、僕らには何が出来るのだろう。
彼らにはどんな可能性があるのだろう。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。