SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業のあり方

何か新しいものを生み出すときは、必然性と合理性を意識します。



現代は、ニーズも、製品を支える技術も激しく移り変わる時代です。
製品のデザインに限らず、流通や企業構造等、あらゆるジャンルのあらゆる場面でより合理的で必然的なデザインが必要とされていると感じています。


また、社会の中で要求される企業のありかたが大きく変化しています。
社会的責任が声高に問われるようになりましたが、現在は営利活動のおまけに社会貢献がついてきているような企業がほとんどです。
営利活動そのものが社会貢献になる。そんなビジネスモデルが確立できないでしょうか。


19.20世紀に地球規模で進められた都市化政策は、地域の社会構造を変化させました。
従来の地域的な社会参画の場は失われ、代わりに代表民主主義という形での社会参画システムを構築しました。
政治家の資質についての否定的な意見を耳にすることが多いですが、時間的資源的コストを鑑みた時、問題の本質はシステムの疲弊にあるのではないでしょうか。



若者のボランティアへの参加や、中高年の地域社会への参加をみるに、何かに貢献したいというニーズは潜在的に高まっているように感じます。
生産・消費活動を通して、より能動的な社会的参画。その窓口として企業像。


購入することが、その企業活動を支持することに繋がり、企業にとっては
価格競争・品質競争に加え、より公益的な視点を与えることになります。


現在の経済システムの問題に、偏った評価システムがあります。
誰もが大切なものだと感じながら評価されていないものには、生産、地域活動、地方や途上国自立の為に必要な投資などが挙げられます。
その評価を人々に任せる事でその真価が問えるかもしれません。


税制など、変えなければならない仕組みも多々ありますが、人間が生きる上で一番核となるのは生産活動であり、合理的で必然的なシステム、つまりよりシンプルな分配システムを作るためには政治の在り方も現代に合わせて変革していかなければならないように感じています。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。