SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾走!2007年夏

思い起こせば、初めてマリに行ったのが2002年、初めてののアフリカはどんなところやら全く想像もつかず、ジェンベの事もアフリカの楽器という程度にしか知らなかった。
万が一のときに備え部屋に潜む大人な本や大人なビデオ達を処分して、デスクトップに遺書を保存して向かった。

ジェンベを習ったわけではないけど、その後の自分に大きな大きな影響を及ぼした3ヶ月だった。
僕の帰国と同時期にマリ舞踊団初来日。

ギニアやセネガル音楽も、今ほどの需要は無かったように思うけど、マリの音楽に関しては本当に情報が無かった。
僕が知る中で当時日本でマリの音楽を発信していたのは、唯一ママドゥ・ドゥンビアだけだった。

2003年春頃から太鼓を勉強し始め、勢いあまってギニアに行ったのが2004年。

日本に住む様々な人達がアフリカ、もしくはアフリカ音楽と舞踊があるところに飛び込み日々を過ごし、いろんなものを日本に持ち帰る。
その流れは凄い勢いで加速して、日本に招かれる素晴らしいドラマーやダンサー達の数は膨れ上がった。

ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ、アブドゥライ・ジャキテ、ファムドゥ・コナテ、ママディ・ケイタ、ユスフ・クンバサ、ベンバ・バングーラ、ソロ・ケイタ、サイオン・カマラ、エピゾ・バングーラ、バングラケ、マリ国立舞踊団、セネガル国立舞踊団、等など。他にも僕が出会っていないだけでたくさんいると思う。
名前を挙げていくとキリが無いほどに多くのアーティストが来日しているし、在日アフリカ人ミュージシャンも凄い人がたくさんいる。

今年の夏は特に凄かった。サイオン、ソロ、エピゾ、ママディ、そして先日のマリのイベント。

サール、ダラマン、バンジュグ彼らの三位一体の演奏に心が震えた。
これだという確信をやっともてた今日。マリに出会って5年間、長かったような短かったような。

ともかくそう感じた自分は幸せなのだと思う。
2007年の夏も、もうすぐ終わろうとしてるけど、その前に一年の総集編。


『国産ジェンベ打サミット 其の参』

OFFICIAL WEB SITE
みんなみんな今年もビックリするくらい進化してる。
その演奏を見ないと終われない。

今日は会場見取り図を作成した。
もうしばらく、十分な睡眠時間はとれないけど仕方が無い。
年に一度の太鼓祭だもの。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

奇遇ですね

私もマリとの出会いは2002年なのです。
そしてマリで暮らしたのが2004年。ニアミスですね。

マリを知ってからたった5年ですが、生活が激変しました。
変わったのは生活だけではありませんが。

マリの音楽や舞踊を含めた文化全般、つまり「人々の生きている様」に感銘を受け、共感し。。。うまく言えないのですが、めちゃくちゃになっている地球上に、こんなに素敵なところがあるのよ(その裏側にはいろいろと問題もあるけれども)、と、めちゃくちゃなうえにもめちゃくちゃな日本で発信していけたらいいと思っています。

けれども「疾走!」というわけには行きません。
どおにどおにですね。

ジェンベ打サミットには行けませんが、tamtamとダラをよろしくお願いします。

東京にいらっしゃることがあったら、是非お立ち寄りください。

ドニドニ

「こんな豊かな国があったなんて。」

初めてマリに行って暮らした時の感想です。
世界最貧国に数えられる国だというのに、何を持って国の豊かさを計っているのだろうと考えさせられました。

本当の豊かさというものは何なのか。そんな大それた事を書ける気はしないですが、日本では感じた事の無かった豊かな暮らしがマリにありました。

日本に帰り大学を卒業し自活しながら生きているうち幼い頃の事を思い出しました。
下校中に麦茶を出してくれるのどこかのおばあちゃん。
畑仕事をしながら僕らを見かけると怒鳴りつけてくるどこかのおじいちゃん。
記憶に残る盆踊りのワンシーンや、尺八を吹くおじちゃん。

僕の生まれ育った環境にもマリと同じ豊かさが存在していました。
帰国後すぐは日本の社会レベルは本当に低いとか、人を思いやる気持ちが一般的に多くないのではないか等と、思っていましたが、今振り返ってみると日本もマリもやっぱり同じだなとも思います。

大好きなマリの素晴らしさを、僕の身近な人達に知ってもらいたい。そういう意味では僕も発信し続けたいと思います。

あせらずにdonidoniが大切ですね。
twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。