SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器紹介

知ってる人も多いかと思いますが、僕はマリ共和国の音楽が大好きなんです。

マリ共和国というのは西アフリカに位置する国で、ガーナの東、ギニアやコートジボワールの北側にあります。

古くからマリ帝国やガーナ帝国等のマンデ系諸民族による文明が興り栄えていたといわれる地です。
ギニア、セネガル、コートジボワールの一部もマンデ文化圏であり、近年世界中でブームになっているジェンベもマンデ系のマリンケ族バンバラ族の伝統楽器と言われています。

僕はギニアのドゥンドゥンマリバラフォンを叩きます。
ギニアの農耕民族マリンケ族が叩くドゥンドゥンはお祭りや儀式などの場で踊りの伴奏として叩かれるものでしたが、現在は国立バレエ団等により観客に向けて行う演目の伴奏楽器として叩かれたりもしています。
日本で言えば和太鼓がそれに相当するかもしれません。

僕の扱うバラフォンはギニアではスス・バラと言われるものですが、マリではマリンカ・バラもしくはジェリバラニと呼ばれています。
ジェリと言うのは世襲の語り部(フランス語ではグリオ)の事で、歴史上の英雄譚や各一族の系譜とそれにまつわる話等様々な物語を歌に乗せて人々に伝える事を主な目的としています。
無文字文化の中での彼らの存在は大きく、優れたジェリが一人死ぬ事は図書館を一つ失うことと同じと言われ讃えられています。。
政府の広告塔として人々を鼓舞したり、王の側近に取り立てられたりするジェリもいて、時には歴史を動かす事もあったといわれます。
彼らが歴史上に姿を表すのは13世紀です。マリ帝国を起こしたスンジャタ王の時代を讃える歌が今でも語り継がれ、その中にジェリの存在が出てきます。
ジェリバラニは彼らの持つ伴奏楽器の中でも、コラと並び、花形といえるものです。
伝統的にバラフォンはジェリの血を引くものしか叩かないという部分がドゥンドゥンと決定的な違いじゃないかと思っています。ジェリを日本的に言えば家元見たいなもの雅楽に近いのかなぁと思ったりします。
関連記事
TAG :
マリ
帝国
西アフリカ
ジェリ
バラニ
バラフォン
スス・バラ
マンデ
ドゥンドゥン
マリンケ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。