SNS gadgets and bookmarks

Clip to Evernote   Check

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義の反対にあるのはまた別の正義

『1%の人びとが世界の富を独占』

『お金にしがみつく既得権益層』

そんな言葉を時々聞くことがある。
参院選でも何度か聞いた。


こう聞くと、金融や多国籍企業を動かしてる大富豪達が世界のどこかにいるのかなって想像する。
たぶん言ってる人も聞いてる人も、自分が既得権益層かもしれないとは思ってないよね。



でもさ、1%の人がどんな人達か、例えば収入額ベースで考えるなら、上位1%ってのは日本円で年収375万円以上の人達ってことになる。この数値は日本人の平均年収より低い。(Global Rich List参照)

アルバイト中心で月収15万円の人だって上から数えて7.17%だよ。



もちろん、国によって物価水準や社会保障が違うから、収入額や貨幣価値だけで実質的な生活水準をはかる事はできない。
それでも間違いないのは、多くの国と比べて日本は圧倒的に恵まれてるということ。

僕の能力や努力とは無関係にね。



昔、ケニアの貧しい職人街に仕事で行っていた時、そこで働いてるおばさんに言われたことがある。

『日本人はなぜ富を独り占めするのか?
 なぜ労働力が必要で仕事があるのに、その機会を私達と分かち合わないのか?
 なぜ留学を望む途上国の人々に門戸を開かないのか?』

ケニアは慢性的な失業問題を抱えてるんだけど、中には十分な教育を受けていて環境さえあればしっかり仕事ができるであろう人もたくさんいる。


彼らから見れば僕らは十分に既得権益層なんだよね。



どこかに悪人がいて、その人が世界を牛耳ってる、その人さえやっつければ、みんな豊かな暮らしが出来る。
そんな風に説明がつけば楽だよね。

でもきっと、現実はそんな構図じゃない。
もし、この世界の仕組みを搾取と呼ぶならば、僕らは搾取されていると同時に搾取している側でもある。


立場を変えれば見え方もかわる。
見え方が変われば正義もかわる。


オルタナティブな主張をする政党を批判したいわけじゃないし、
こうした状況を生み出している原因の一つである資本主義を否定したいわけでもない。



ただ、真実はいつも多面的で、僕達はその一面しか見ることができない。
その事を忘れないでいたい。

昔の自分と今の自分

年をとると出来る事はどんどん増えていく。
それと同時に、若いときにしか出来ない事がたくさんあることにも気がつく。



32歳を過ぎて、今が一番いいなぁって思うけど、
自分が前を向いてる時は、いつだって最高だったんだよね。
でも、その時はわからない。
あーだこーだ考え込んでばかりで自分の可能性を信じられない時もあった。


もし、中学生の自分にあったとしたら、僕はこう伝えたい。


周りの友達や大人達がいうことが自分の求めてるものと違う事がよくあるだろう。

やりたいことに挑戦したいけど怖い。
どうせ自分には無理なんじゃないか。
そんな風に思う事もあるだろう。

でも、12歳の今、15歳の今、18歳の今、その時はもう二度と訪れない。
自分の頭で考えて、それでも欲しいものがあるなら、怖がらずに自分の道をすすめばいい。

出来る事からひとつずつやってみたらいい。
あきらめないで精一杯背伸びすればいい。

やってみるといろんなことがわかる。
やらないで延々と考えてるなんて人生の無駄遣いだ。


やり直しがきかないっていう言葉は
人生には取り返しがつかない失敗があるという意味と
年をとってからでは挑戦できないことがあるっていう意味と2つの意味があるんだ。


なにもしなかったから、何も手に入らない。
その時にしか手に入らないものがある。
だから、今、ガンガン行かんかい!ってね。






ああ、そうか、きっと60歳の自分も同じことを言うんだろうな。

30代の今しか出来ない事があるぞ。

10代20代に説教してる暇あったら今の自分の人生をガンガンいかんかいっ!てね。

あれから2年

‎2年前の今日のちょうどこのくらいの時間、僕は京都の翌日に迫った『アフリカ独立50周年記念イベント』の仕込みに追われていた。

3/12、3/13関西日仏学館での2days。
全体の仕切りとシンポジウムはサコさんの担当。
ライブの仕切りは僕の担当で、出演バンドはアジアツアー中だったBa Cissokoと、東京を代表するアフリカンバンドtamtam楽団。


アフリカ音楽イベントはたくさん運営してきたけど、結果的にこのイベントは僕達にとって特別なものになった。
あの日のことは今でも鮮明に覚えている。


震災の次の日というタイミング。
スタート時間の直前まで何人ものスタッフからあがった『こんなことしてる場合じゃないんじゃないか?』という声。

僕だってわからない。こんなことしてる場合じゃないんじゃないか? でも後には引きたくない。
僕は自分の感情をコントロールできず泣きじゃくりながら、どうしても開催したい理由をみんなに説明した。


動員人数は予定より少なかったが、それでも多くの人が来てくれた。
初めて生で見たBa Cissokoのライブは本当に腰が抜けるほどかっこよかったし、東京から駆けつけてくれたtamtam楽団への感謝は言葉にしきれなかった。

13日のLIVEが終わった後、Ba Cissoko達はアンコールを拒否して急ぎ控え室に戻りミーティングをした。その結果、彼らはフランス政府の指示を受け入れ、次の日以降の日本の予定をすべてキャンセルし、数日後には日本を離れた。

たぶん僕はこの日のことをずっと忘れないと思う。





アフリカ独立50周年記念イベントを終えて


Afrikafestival Hertme 2010 - Ba Cissoko

twitter
click please!! mixi イイネ!ボタン
カテゴリ展開メニュー
  • 紅葉のボヤキ(120)
  • 今日のあれこれ(5)
  • アフリカンイベント情報(66)
  • 旧BAOBABブログ(23)
  • 地球(7)
  • 音楽(13)
プロフィール

紅葉

Author:紅葉
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

大学時代に西アフリカを訪れ
その豊かさに大きな衝撃を受けました

おもしろいこと中毒で
好奇心に引ずられるように生きています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

紅葉へのおたよりはこちらから!!

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
FC2カウンター
RSSフィード
最近のトラックバック
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。